忍者ブログ
結婚を一気に最後まで値
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

好きな人にはやっぱりいいところを見せたくなるのが人間心理というものです。
でもいいところばかりじゃないのも人間です。

あるHPのコラムに「恋愛恐怖症」についてのことが書いてありました。
それには、「恋愛恐怖症」の女の子の話が書かれていて、
彼女は一度失恋をして以来、恋人ができてもまた嫌われてしまうのではないか、
という恐怖心から恋人との関係を永遠のものにしようと、
嫌われないように、嫌われないようにと努力する恋愛をしたという
内容が書かれていました。

「嫌われないように自分を変える努力する」というのは悪いことだとは思いませんが
「嫌われないように自分の悪いところは見せない」という恋愛なら
それは本当に恋愛と呼べるのかな?と思ってしまいます。

・・・そういう私も過去に嫌われたくないあまりに自分で嫌だと思う部分を
恋人に隠して付き合っていたことがあります。
でもそういう恋愛っていつかは必ずしわよせがきます。
私の場合も隠していたということが相手にばれて、最悪の形で恋愛は終わりました。
嫌われたくないからしていたことが反対に嫌われる要素になってしまったのです。

隠しているっていうことは、演技をしているということです。
演劇やドラマでの演技ならまだしも、
日常生活で演技をすると必ずどこかにボロがでます。

もしもうまく隠しとおせても、今付き合っている相手とこれから先何年も一緒にいれば
いつかは「結婚」ということになるかもしれません。
そうなった時には24時間演技をしなければいけないことになるのです。
もうどれが本当の自分なのかわからなくなりそうですよね。

私の女友達の中に「彼がたばこを吸う女は嫌いだから」という理由で
たばこを吸っていることを隠して付き合っていた人がいました。
二人は初めはうまくいっていました。
でもだんだんと付き合いが長くなるにつれ、
彼の方も彼女が隠していることに薄々気づき、
彼女の方も彼といる間はたばこが吸えないということが
だんだん苦痛になってきたようでした。

彼女が「彼と会うと思うと気が重い」とよく口にするようになった頃、
彼がプロポーズをしてきました。

二人がどうなったかというと、プロポーズがきっかけで別れました。
「結婚して24時間一緒にいたらきっと隠しとおせなくなるから」と彼女はいいます。
私が「彼に話しなよ」と何度言っても、
「彼はたばこを吸う女とは絶対に結婚しないと何度も言っていたから」
と泣くばかりでした。
そして彼女は最後まで「彼に嫌われないなら結婚できなくてもいい」と話していました。

彼の方からは何も聞いていないけれども、
「嫌われたくないから別れる」なんて何かが変だと思いませんか?
正直に話すか、彼女が本当にたばこをやめていれば二人は
うまくいったのではないかと今でも思います。

もしも今恋人に何かを隠して付き合っている人がいたとしたら、
きちんとこれからその隠していることをどうするのか考えてみてください。

一番いいのは、何も隠さずに本当の自分を出して恋人と一緒にいると
リラックスできるような関係です。
出会って初めの頃からリラックスというわけにはいかないと思うけれど、
好きな人にはなるべく嘘はつかないように、本当の自分で接していきましょう。

本当の自分で接していって、ダメな部分があれば直していく努力をしたり、
話し合って譲りあえばいいのです。
それができない相手なら、いつかは終わるというのがみえているのでは?と思います。

いい関係の恋人がいると自分もどんどん変わってくるはずです。
素敵な恋愛をしたいですね。






上記記事抜擢。

なんとなくわかる気がしました。
PR
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/28)
P R
Material : ミントBlue 忍者ブログ [PR]